グループ会社の連携強化に効く|社内報企画ネタ

グループ社内報の企画成功事例の表紙デザイン

デザインソフトbookumaで作成したグループ社内報の表紙デザイン例

⇒デザイン作成ソフトbookumaのダウンロードは、bookumaダウンロードページ

 

 

 

グループ会社の連携強化に効く社内報企画とは

ご紹介するのは、グループ報企画でよくある「業界情報・経営方針の共有」みたいな企画ではありません。「グループ会社の連携・コミュニケーション」を高め、グループ報の閲覧率を上げるための企画ネタです。

 

それでは、「グループ会社の連携強化」を2段階で達成する「2ステップ攻略法」の企画・ネタをご紹介します。

 

まずステップ1では、あえてグループ会社間の「違い」をグループ社内報の企画にします。ここでいう「違い」とは「お互いが知らない異文化・情報・おかれた立場・状況」などのこと。グループ会社社員同士がお互いにこれらを知り、理解すれば、きっと自然に「親近感」がわきます。ステップ1で、社内報企画が達成すべき目標は、グループ会社同士の人間が打ち合わせなどで会ったときに、「つい聞いてみたくなる相手にまつわる雑談ネタ」を紹介すること。共通項を強調するのではなく、お互いが相手に興味を持つような、雑談ネタをいっぱい提供しましょう。ケンミンSHOWのようなイメージです。以下企画をご参照ください。

 

 

 

STEP1:ケンミンSHOW風のグループ社内報企画・ネタ

 

グループ会社が同業で遠隔地の場合

  • 会社近辺の「行ってみたくなる名勝・観光地」を写真好き社員が紹介
  • 会社近辺の「おいしいランチスポット」を常連社員が紹介
  • 会社近辺の「夜に行ってみたい居酒屋・寿司屋」などを常連社員が紹介
  • 会社地元の「人気ラーメン店」を常連社員が紹介
  • 会社地元の「特産品」の上手な選び方・人気銘柄・地元の食べ方など
  • 会社地元の「郷土料理・ソウルフード・B級グルメ」紹介
  • 会社地元の「特徴のある調味料・変わった味付け」など
  • 会社地元の「郷土色あるスーパー・楽しい食材・メーカー」などを紹介
  • 会社地元の「面白い方言」を当てるクイズ
  • 会社地元の「子育て状況・風習」など
  • 会社地元の「中学校・高校などのビックリな校則・特徴」など
  • 会社地元エリアの「仕事の仕方、働き方」の特徴
  • グループ会社の「社風・社員の典型タイプをイラスト化」して特徴を紹介
  • 会社地元の「デートスポット・初めてのデートスポット」など

 

グループ会社が異業種の場合

  • 会社が所属する業界の特徴・現状を紹介
  • その「業界人の典型タイプをイラスト化」して特徴を紹介
  • 業界内のグループ会社の位置づけ・社風・特徴の紹介
  • 他業種の人が知らない「業界の特徴・風習・豆知識」紹介など
  • 業務のやりがいを感じる点、大変な点の紹介

 

ポイントは、「違いの強調」ではなく、「楽しく違いを啓蒙して、理解」してもらうこと。そしてなるべくグループ会社社員を多く登場させましょう。「あったことがないけど、グループ会社社員にも親近感を感じる」ようになれば、ステップ1は成功です。ステップ1の企画によって、各社員に各グループ会社の雑ネタが広く共有され、相互理解がすすみ、お互いの社員に対して親近感がわいてきたら、いよいよステップ2に進んでください。

 

 

 

STEP2:コミュニケーション増加の種「共通情報」を増やす企画・ネタ

ステップ1で十分にグループ会社社員同士の親近感が高まったら、いよいよ次の段階です。ステップ2では、グループ会社社員同士のコミュニケーション・交流を促進する企画を実施しましょう。たとえば、以下のような企画です。

 

  • グループ会社に出張訪問したら、行ってみたい場所ランキング情報
  • グループ会社社員同士の相互質問(文通的)コーナー
  • 自社を訪れてきたグループ会社社員の訪問記・案内記・見学記
  • 自社を訪れてきたグループ会社社員との対談・鼎談など
  • 自社を訪れてきたグループ会社社員とランチ会・ラーメン食べ歩きなど

 

 

 

グループ会社の連携は、プライベート情報の共有で決まる

社内報担当者の方は、ステップ2で、「グループ会社社員同士の共通情報・共通体験を増やす」ことを、ぜひ目標にしてください。

「半分だけ正解」のノウハウでは、「グループ会社間の共通項を見つけて!」となっていました。しかしグループ会社同士では、たいした共通項がないのが普通です。共通項を見つけるというより、プライベート情報・思い出を増やし、共有するのが正解とホンラボは考えます。社内報によってグループ会社間の交流・コミュニケーションの量を増やせれば、グループ会社の一体感は、自然に増していくはずです。

 

なお、ステップ2に進む際は、グループ会社社員同士の間に、十分に親近感が醸成されているかどうかにご注意ください。もし反発心を感じる社員がまだ多いなら、ステップ1の企画を十分行ってからステップ2に進みましょう。

 

通常、グループ報では、読者として想定する社員数が多いため、単なる業務紹介のような広く浅い企画・記事が多いのが実情です。ただ、広く浅い情報は、普通とてもつまりません(自治体の広報誌がつまらないことが多いのはそのためかと)。そのためグループ報を作成している会社では「グループ報の閲覧率」が低いとの悩みが多いのです。

 

グループ報といえども、上記企画のように、可能な限り個別社員を紹介する企画を、ホンラボは推奨します。たとえば「業務紹介」企画なら、必ず「担当社員にインタビュー形式で登場してもらう」などです。そして、その際は、グループ報ではその社員を知らない人が多いのですから、「その社員を知らない人にも、その人の魅力が伝わるような表現の工夫や、情報の提供」を必ず行いましょう。

 

 

 

グループ報の担当者は、女性社員がベスト?

最後に、基本ですが大事なことを念のため。親会社の社内報担当者さんは、企画・取材に際しては、グループ社社員さんに、親会社・子会社という縦関係を意識させないようにご注意ください。子会社・関連会社さんに、親会社のグループ報担当者の振る舞いが「えらそう」ととられてしまうと、どんなにグループ報の企画がよくても、グループ報は、逆効果にしかなりません。

そういう意味では、「縦の人間関係意識が強い男性社員」よりも、「横の連帯を作るのが上手な女性社員」のほうがグループ報の担当者さんに向いていることが多いかもしれませんね。

 

 

⇒デザイン作成ソフトbookumaのダウンロードは、bookumaダウンロードページ

関連する記事一覧

ゼロからの!本の作り方

ホンラボサービスの流れについて 本の制作の流れについて

プロ並みの本が作れる編集ソフト Download

BOOKUMA無料ダウンロード

SSL 証明書。本サイトはプライバシー保護の規定を遵守して、お客様の個人情報をお取り扱いしています。

最新エントリー