モデルブックの作り方|写真選びと冊子デザイン案

モデルポートフォリオBOOK表紙デザイン案

デザイン作成ソフト「ブックマ」のモデルブック表紙作成案

⇒デザイン作成ソフトbookumaのダウンロードは、bookumaダウンロードページ

 

 

 

A4冊子のモデルポートフォリオで差別化

配布可能なモデルブック冊子を作成して、効果が高いモデル営業を試してみませんか。

 

ファッション雑誌編集部・クライアント・オーディション会場を訪問して、モデル本人とともに「コンポジット(顔と体形が分かる写真・身長・3サイズ記載)」・「モデルブック(ファイルのポートフォリオ)」を担当者に見てもらう。それがモデルさんの基本営業かと思います。

 

その際、コンポジットは、編集者やクライアントの手元に置いていきますが、大事なモデルブックは置いていくことができません。もし配布可能な「冊子のモデルブック」を担当者に渡せれば、きっと後日に声をかけてもらうための営業ツールにきっとなるはずです。

無料デザイン作成ソフトbookumaを利用すれば、作り方の専門知識がなくても、担当者を驚かせる配布可能・格安の「モデルブック」・「ポートフォリオ」が、簡単に作成可能です。以下の記事を読み、モデルブックの写真を選びのコツをマスターして「モデルブック」・「ポートフォリオ」作成に挑戦してみてください。

 

 

 

モデルブックの写真選びの基本

  • メイク・ファッションによって異なる多様な魅力がわかる写真があること
  • 全身写真。スタイルのよさが分かる写真があること
  • 顔アップの写真があること
  • 表情や動きのある写真があること

 

モデルブックの写真選びで気をつけたいこと

ファッション雑誌等の編集者がモデルブックを見ているとき、考えていることを少し紹介します。基本的には、モデルさんの顔・表情・スタイルを直感的に魅力的に感じるかどうかなのですが、以下のような点もチェックしています。ポートフォリオでご自身の写真を選ぶときのご参考にどうぞ。

 

  • 自社媒体のファッションテイストに似合うか
  • 自社媒体の読者が憧れたり、好きな系統の顔・スタイルか
  • 似合うファッションテイストの幅は広いか狭いか
  • 髪型・メイクなどで、どのように雰囲気が変わるか
  • 服を着たときのシルエットは? 特にスカートやタイトな服を着たときのスタイル
  • 決め顔がパターン化していないか。特に笑顔が似たような表情ばかりでないか
  • 自然な動きができているか。ポーズがワンパターン化していないか

 

 

bookumaで作る写真テンプレートを活用したモデルブックデザイン

デザインソフトbookumaをダウンロード後に、起動後の画面で、左綴じを希望の場合は「カタログ」、右綴じを希望の場合は、「フリーペーパー」というブックタイプを選んでください。そして、「作品カタログ」・「写真」などのテンプレートをご利用ください。「テンプレ編集」機能を活用すれば、レイアウトデザインを自由に変更したり、文字を追加したりすることも可能です。以下のようにプロフィールと写真を組み合わせて、希望のモデルブックをデザインしてください。デザイン作成後は、ソフトから印刷発注が可能です

 

 

 

ポートフォリオブックのテンプレート活用デザイン案1

写真テンプレートを活用したモデルブックのレイアウトデザイン例

 

 

 

ポートフォリオブックのテンプレート活用デザイン案2

モデルポートフォリオブックのレイアウトデザイン案

 

 

 

ポートフォリオブックのテンプレート活用デザイン案3

モデルのポートフォリオブックの写真レイアウトデザイン例

 

 

 

モデルブックが格安で印刷注文できる

作成したA4モデルブックデザインを、8P・100部の印刷注文した場合は、商品代金34,600円・1冊単価346円となります。(2019年4月現在)。もしあなたがモデル事務所のご担当者様なら、貴事務所所属モデルのパンフレット・モデルカタログの作成もお勧めしています。ぜび、モデルブック作成にbookumaの活用をご検討ください。

 

 

⇒デザイン作成ソフトbookumaのダウンロードは、bookumaダウンロードページ

関連する記事一覧

ビジネス活用術

ホンラボサービスの流れについて 本の制作の流れについて

プロ並みの本が作れる編集ソフト Download

BOOKUMA無料ダウンロード

SSL 証明書。本サイトはプライバシー保護の規定を遵守して、お客様の個人情報をお取り扱いしています。

最新エントリー