ページのマージン(余白)の設定方法

マージンとは、ページ外周の余白スペースのことです。その内側が、写真・画像のデザインスペースである「版面(はんずら)」となります。一般的に、マージンを多くとると「版面(はんずら)」が小さくなる代わりに高級感のある仕上がりとなります。反対に、マージンを少なめにすると、「版面(はんずら)」が大きくなり多くの情報を掲載できますが、チープな印象になりがちです。

 

bookumaの本文ページの基本マージン設定は、「天・地・小口・ノド」全て15mmとなっています。「天(Ⓐ)」はページ上、「地(Ⓑ)」はページ下、「小口(ⒸまたはⒹ)」はページ外側、「ノド(ⒸまたはⒹ)」はページの綴じ側です。

 

マージンを変更したい場合は、以下の手順でお願いします。

 

 

DTPソフトbookumaによるページのマージン(余白)の設定方法1

 

❶ファイルの「マージン設定」を選択する。

 

 

DTPソフトbookumaによるページのマージン(余白)の設定方法2

 

❷マージンの天・地・小口・ノドを設定する

 

 

マージンの最低値について

ページ周囲の断裁リスクを確認するため、「天・小口・ノド」マージン値は、5mm以上を推奨します。また、ページ下には、位置変更不可のページ番号・章タイトルスペースがあります。それらを避けるため、ページ下「地」のマージンは、15mmを強く推奨します。

関連する記事一覧

本の作り方(ブックマ操作ガイド)

最新エントリー

プロ並みの本が作れる編集ソフト Download

BOOKUMA無料ダウンロード

SSL 証明書。本サイトはプライバシー保護の規定を遵守して、お客様の個人情報をお取り扱いしています。