第一条 本サービスの利用にあたって

  • 「本サービス」では、小社がホームページにてデザインソフト「bookuma(ブックマ)」をダウンロード提供します。ユーザーは、小社ソフトを利用してブックデザインデータが作成可能になっており、作成したデザインデータを小社サーバにアップロードし、印刷物発注を行うことができます。小社はユーザーの印刷物注文に対して、印刷物のご提供を行い、そのサービス対価を頂戴します。
  • ユーザーとは、上記「本サービス」の一部または全部を利用するものをいいます。
  • ユーザーは、印刷物の注文を行うまでは、一切の料金は必要ありません。ユーザーが小社ソフトで作成したデータのデータアップロードを行い、データアップロード後に届く「アップロード完了通知と印刷注文方法のご案内」メール記載の注文用URLから、印刷のご注文をした時点で「契約」申し込みとなります。そして、小社からのメール返信によって契約が成立とさせていただきます。ただし、お支払方法が銀行振り込みの場合のみ、小社へのお振込み確認後に、契約成立とします。
  • 印刷物の商品価格表示は、すべて税込です。
  • 本サービスは、受注生産のため、ご注文後のクーリングオフは適用されません。ご注意願います。
  • ユーザーは、「本利用規約」・「bookumaの使用許諾契約書(インストール時に表示)」・「ホームページ記載の本サービスの利用方法(「ご利用推奨環境」・「配送・返品」・「お支払方法」・「本の作り方」等)」に同意の上、ご自身の責に置いて「本サービス」の提供を受けるものとします。
  • ショッピングカートご利用時に、登録した会員登録情報は、1年以上ご利用(ご注文)がない場合、抹消することができるものとします(会員登録をしないでも、ご注文は可能です)。
  • 小社は、本規約と別途に、ホームページ内に、補充的な規約、規則等を規定することができ、それらは本規約と同一効力を有するものとします。
  • ホームページ内(印刷物注文時のショッピングカート画面を含む)の補充的な規約・規則に本規約と異なっている箇所がある場合、その箇所については、各規定を優先します
  • 本サービスは、日本国内のみのご提供です。
  • ユーザーパソコンの地域言語設定が「日本」の場合のみ、本サービスは使用可能です。
  • 本サービスは、「個人としての使用」・「個人または法人の商用目的での使用」、ともに利用が可能です。

第二条 サービス対価のお支払い

  • ユーザーは、本サービスを利用する場合、本サービスが規定する価格ならびに支払い方法に従い、対価を支払うことに同意したものとみなします。諸般の事情により、サービスの価格ならびに支払い方法は、適時変更がありえます。ユーザーは、本サービス利用時点での価格ならびに支払い方法に同意したものとします。
  • ユーザーが、クレジットカード決済・請求書後払い・代引き等の支払いを選択する場合は、当該支払い方法を運営する第三者である業者の会員規約・運営規約に従うものとします。
  • ユーザーとクレジットカード会社や請求書後払い会社(Paid)との間で紛争が発生した場合でも、それら紛争はユーザーと当事者間で解決するものとし、小社は一切の責任を負いません。

第三条 本サービスに必要な情報の提供・管理

  • ユーザーは、本サービスを利用する際、「本サービスに必要な情報」を運営者に知らせることに対し、同意したものとみなします。
  • bookumaは、起動時・一部機能使用時・エラー発生時に、情報取得のためレポートを自動的に送信するものとします。このレポートは、本サービスの品質改善のみに使用するものとします。レポートには、個人を特定するための情報はなく、また作業ブックデータ内の内容が分かるような画像・文章等データは、一切含まれません。
  • 商品ご購入時に、ショッピングカート(EC-CUBE)に購入者情報を入力、または会員登録する際は、必ずユーザーご本人が入力するものとします。もし、法人・団体に所属する場合は、法人・団体の代表として、本サービスの個別契約に必要な一切の権限を有するものが購入者情報を入力、または会員登録申請を行うものとします。
  • 商品ご購入時に、ショッピングカート(EC-CUBE)に「法人・団体名のユーザー名義」で購入者情報の入力、または会員登録を行った場合、お支払名義は、担当者の個人名義でなく「法人・団体名のユーザー名義」とするものとします。
  • ユーザーは、自身がショッピングカート(EC-CUBE)に登録した会員情報を他者に利用させたり、他者の会員登録情報を利用したりしてはなりません。ユーザーは、ショッピングカート(EC-CUBE)に会員登録をした場合は、その情報を第3者に漏えいしたり。使用されないように厳重に管理するものとします。もし、会員登録情報の紛失・漏えい・盗難が起きた場合、もしくはその可能性があった場合は、速やかに小社に届けるものとします。ショッピングカート(EC-CUBE)の会員情報を第三者が使用した場合(法人担当者の私的使用含む)、または紛失・漏えい・盗難によって損害が生じても小社は一切責を負いません。
  • 本サービスご利用時に、ショッピングカート(EC-CUBE)に会員登録をされた場合は、本サービスに関する通知・セール情報・ダイレクトメール等の送付のために、小社が電子メールアドレス・ご住所を使用することを承諾いただくものとします。
  • 小社は、ユーザーがショッピングカート(EC-CUBE)に入力した購入者情報、または会員登録情報(住所・氏名等の個人情報)を、本サービスの運営に伴う、配送・お問い合わせ等、業務遂行上に必要なとき使用できるものとします。また、ユーザーは、小社が本サービスに必要な情報を、データセンター・配送会社・印刷会社等の業務委託をしている第三者に提供することに同意します(詳細は、「プライバシーポリシー」参照)。
  • ショッピングカート(EC-CUBE)に会員登録をしている・していないにかかわらず、ユーザーまたは小社の重大な利益にかかわると小社が判断した場合は、小社がユーザーに対して、本サービスに関する通知をするために、電子メールアドレス・ご住所を使用することを承諾いただくものとします。
  • 本規定を超えて、個人情報を使用する場合は、目的の明示および利用者の合意を得ることとします。

第四条 「通信設備・費用の負担」および「通信事故免責」

  • 本サービスを利用するのに必要な通信環境・コンピュータは、ユーザーの責に置いて準備するものとします。通信環境・コンピュータの障害等によって、データの消失等が起きても小社は一切その責を負いません。
  • ユーザーは、本サービスを利用するにあたり、本サービスへアクセスするための通信費を負担するものとします。
  • 本サービスを利用するにあたって発生した、データ送信中の不具合および事故については、小社は、その責を一切負いません。

第五条 キャンセルの対応

本サービスでは、原則として印刷ご注文後のキャンセルはできません。しかし、商品をご注文して、一定の経過時間内の場合、キャンセルをお受けできることがあります。詳しくは、こちら「キャンセルについて」をご覧ください。なお、作業の発生状況によって、キャンセルは、最高100%の商品代金をいただく場合もありますので、ご注文前には、キャンセルが発生しないように、十分ご注意願います

第六条 「発送」と「発送遅延・事故等の補償と免責」

  • ユーザーが注文した商品は、原則として注文確定後(お支払い方法が銀行振込の場合は、ご入金確認後)、「出荷予定日」に記載のスケジュールにそって、ユーザーが注文時にご記入した住所・氏名宛に発送します。年末年始・GW・お盆・サービスの中断・小社特別休業日などの小社休業日については、前記「出荷予定日」で休業日として扱われます。
  • 「配送業者指定」・「時間指定」・「ギフト配送」・「代行発送」・「複数個所発送」は、行っていません。
  • 本サービスのご利用にあたり、小社発送後に配送会社による「商品配送事故(紛失・不着・破損等)」が起きた場合、小社は、お客様から配送事故の報告を受け、配送会社に配送事故の責があると確認できた場合、その後に「商品の再生産・再送」、または「商品代金の全額返金」の対応をいたします。※お客様から提供された配送先情報に、虚偽あるいは誤りがあったことに起因する配送事故や、お客様の商品受領後に発生した紛失・破損事故については、小社は一切の責を負いません。ご了承ください。※いかなる場合でも、お支払いいただいた商品代金の全額返金を上限として、それ以上の補償は、一切いたしません。特に、配送会社の配送事故による2次的損害(逸失利益・特別の事情から生じた損害・データ等の損害・第三者からの損害賠償請求等)については、小社は一切補償しません。詳細は、「配送事故(紛失・不着・破損等)の補償」
  • 小社では、お客様がご注文された印刷物が正しく発送されるように万全を期していますが、自然災害・悪天候・道路事情・事故・過失等により、発送納期の遅延・不着・誤配等の可能性はゼロではありません。もし、小社の責によって、かかる事態が起きた場合は「配送・返品」内の「発送遅延等の補償・対応について」規定通りの対応とすることとします。※発送納期の遅延・不着・誤配等等に対する損害賠償は、いかなる場合でもお支払い済みの商品代金金額を上限とし、それらを返金する以上の補償は、決していたしません。小社に責がある商品の不着・誤配・延着等によって、ユーザーに、逸失利益・特別の事情から生じた損害・データ等の損害・第三者からの損害賠償請求等が発生しても、小社はかかる2次的な損害賠償には一切責任を負いません。
  • 商品のご注文は、余裕をもったスケジュールで行われることを強く推奨します。

第七条 知的財産権侵害および公序良俗違反

  • ユーザーは、本サービスの利用にあたって、その使用する画像および文章等が、第三者の著作権・著作者人格権・商標権・肖像権等の知的財産権を侵害したり、または迷惑・不利益を与えたりしないことを保障するものとします。
  • ユーザーは、本サービスを利用するにあたり、その使用する画像および文章等が「猥褻である」・「差別的である」・「品性を損なう」・「他人の名誉を毀損する」・「法令 に違反する」等に該当せず、公序良俗に反していない事に同意したものとみなします。また、「公序良俗」に反していないという判断にあたっては、小社の基準を適用する ことに同意するものとします。
  • 上記「第七条a.b」の行為に関連し、小社が第三者からクレームを受けたときは、そのクレームにかかった損害は、ユーザーの責任および費用により補償し、小社を免責するものとします。また、小社は、ユーザーの制作物に対し、「知的財産権侵害」・「公序良俗違反」を処分する義務・責任を負うものではありません。ユーザーは、小社がそのような処分を行わなかったことに対し、一切の異議を唱えず、かかる処分をしなかったことに対し第三者よりクレームを受けたとき、その責は同じくユーザーが負うものとします。

第八条 注文を取り消すことができるとき

  • 第七条a.b に該当する商品の注文
  • 「コンピュータウイルスなどの有害なプログラム・データ」・「異常に大容量のデータ」・「本サービスならびに小社の運営や営業に支障があるプログラム・データ」など、アップロードデータに問題がある商品の注文
  • 法令に反するデータ。刑法、公職選挙法などに反した商品の注文
  • ソフトウエアbookuma の「使用許諾契約書」に違反した場合
  • 注文情報に不備・虚偽・漏れ等がありサービスのご提供が難しいとき
  • ユーザー(法人・団体含む)が実在しない、もしくは実在確認ができないとき
  • アカウントの不正利用・漏えい・連続入力ミスなどセキュリティ上の懸念があるとき
  • 本サービスの利用料金の支払い遅延が現在または過去にあったとき
  • 過去において小社が「ご注文をお受けできないユーザー」と認定したことが判明したとき
  • 本サービスの運営に支障がある行為があったとき
  • 選択したお支払方法(クレジットカード・請求書後払いなど)にて、審査の結果、ご利用承諾が得られなかったとき
  • 小社に対して、乱暴な言動・行為・妨害・脅迫・告知等があったとき
  • インターネットカフェ等、ユーザーの場所を特定できない場所からのご注文
  • 反社会的勢力の構成員・関係者またはその恐れがあるとき
  • その他、小社の判断により、注文に応じることが適当でないと判断した注文

 

※本利用規約に違反した行為が悪質と小社が判断したときは、最寄りの警察署に通報するものとします。

※ユーザーが本利用規約に反して、小社に損害が発生した場合は、小社は、発生した一切の損害について、ユーザーに対して損害を賠償請求できるものとします。

第九条 第七条・第八条に違反した場合の商品代金

ユーザーが注文したデータが、第七条・第八条に該当すると判断した場合、本サービスはユーザーに商品提供を行わない場合があります。その場合でも、小社が作業に着手してしまった時点で、ユーザーは商品代金全額を小社に支払うものとします。

第十条 本サービスの解除および終了

  • 過去において、本サービスの料金を支払わなかったことがある場合
  • 過去のご利用において、第七条・第八条に該当する商品の注文を行い、小社が意図的と判断した場合
  • 商品注文時の記載内容に、虚偽・入力漏れ・誤記等があり、適切なサービスを提供できない場合
  • 本利用規約または、ソフトウエアbookuma の「使用許諾契約書」に違反した場合
  • その他、小社が本サービスをご提供するのが不適切と判断した場合

第十一条 ユーザー情報の変更について

本サービスの利用時、ユーザーは、小社に届け出た内容(住所・会社名・氏名・電話番号・メールアドレス等)に変更がある場合は、必要に応じて速やかに通知するものとする。変更の通知がなかったことに起因して、ユーザーが被った損害に対しては、小社は一切の責を負わないものとする。

第十二条 印刷物の発色について

本サービスは、アップロードされた画像データに基づく忠実な印刷に努めています。ですが、商品の品質が、ユーザーの「パソコン画面上の色調・明るさ」や「自宅・自社等のプリンターの画質」と忠実に一致することを保証するものではありません。

モニターおよびプリンターの機種・設定環境等により、「モニター上の表示」や「プリンターでの印刷色調」は異なっています。商品の品質は「ユーザーがアップロードしたデータ品質」に左右されます。ユーザーの期待される「仕上がり品質」と、実際に提供された「仕上がり品質」が異なる場合でも、当社は一切の責任を負いません。また、増刷を行った場合に、その色調が、最初の注文時の印刷物と異なる場合があります。ご了承願います。

小社では、印刷物の色校正サービスは行っていません。

第十三条 印刷データのトラブルについて

本サービスは、ユーザーが高いデザイン性の本を作成できるように、各種機能を備えています。そして、それら各種機能の利用の仕方によっては、印刷・製本時にユーザーの意図と異なるデザインができる場合があります。しかし、本サービスでは、それらの失敗を防ぐ措置を必ずしもとっていないことがあります。

すべてのケースでデザインデータ作成を失敗しないために、強い機能制限を設けると、作成できるデザインの自由度が大幅に減ってしまうためです。本サービスを利用する際には、「データ作成注意事項」を必ず参照の上、デザイン作成上の基本的注意事項をご確認し、印刷データ作成時に思わぬ失敗がないように十分ご注意願います。ブックマのソフト使用時にも「データ作成注意事項」をご参照いただくよう、ダイアログ等で注意喚起をしています。ご参照がないための、印刷データトラブルについては、本サービスでは、一切の責を負えませんので、ご了承願います。

第十四条 本サービス作成データの外部印刷業者への委託禁止

本サービスは、デザイン作成ソフト「ブックマ」をユーザーに提供して、印刷のご注文とその対価をいただくサービスです。そのため、本サービスで作成した「データ」・「PDF」等を利用して、外部印刷業者に印刷・製本等を委託することは、できません(本サービスの「印刷」機能で作成したPDFを利用しての、自社・自宅での校正印刷は、まったく問題ありません)。小社ソフトの「ファイル>印刷」で作成したPDFデータには、「画像解像度低下の措置」・「データ保護のための表示」があります。(アップロード時の注文用印刷データでは、「画像は適正な画像解像度300dpi」になり、「データ保護のための表示」は除去されています)。

もし、ユーザーが本サービスで作成した「データ」・「PDF」を使用して(「データ保護のための表示」のあるなしにかかわらず)、外部印刷業者に委託して印刷・製本を行ったことが判明した場合、小社はユーザーに対して、小社が被った損害に対する損害賠償・遅延損害金・遅延利息・訴訟手続き費用等を請求できるものとします。

第十五条 返品について

ユーザーが注文した商品に、初期不良があった場合、商品到着日より「5日以内(営業日・休業日問わず)」に連絡をお願いいたします。本サービスは、ユーザーのご注文による「特注品制作」という性質上、基本的に「初期不良品」以外の返品対応はしていません。ただし小社の責による不良品については、「印刷の差し替え」・「印刷は差し替えず、一部ご返金(減額)での販売」・「返品・全額返金でご対応」等のご対応をさせていただいています。ただし、いかなる場合でもお支払い済みの商品代金金額を上限とし、それらを返金する以上の補償は、決していたしません(不良品による2次的損害については、小社は一切保証しません)。

不良品の返品対応の詳細については、「不良品の返品」を参照ください。

第十六条 商品のお受け取りについて

本サービスの商品を発送後、お客様のご都合による「商品の受け取り拒否」は、できません。商品は、必ずお受け取り願います。商品発送通知後、2週間以内に商品の受け取りがない場合は、商品お受け取りの意思がないものとして、小社で商品を破棄させていただく場合があります。その場合、商品代金がお支払い済みでもご返金は致しません。

代引き等のお支払方法で商品代金が未払いの場合、お支払いを拒否されるお客さまには、残念ながら法的措置も含めた対応をご検討させて頂きます。ホンラボのすべての商品は、「お客さまの発注による特注印刷品」です。そのため、万が一お客さまが、商品の受け取り拒否をしても、恐れ入りますが商品代金は必ず請求させていただきます。その際は、商品代金だけでなく、遅延損害金・遅延利息・訴訟手続き等に必要な諸経費を含めてご請求する場合があります。

第十七条 アップロード入稿データの審査(チェック)

小社・もしくは小社の業務を請け負っている印刷所は、ユーザーがアップロードしたデータを審査します。この審査は、以下の2つを簡易チェックするものです。

  • 印刷機で印刷を行うのにデータに問題が存在しないか
  • 第七条・第八条への違反がないか

「a」・「b」の審査の結果、データ上の問題があったり、著作権・法令・公序良俗に判したり、本規約に反したり、本サービスに不適切と小社が判断した場合は、ユーザーに審査不合格の旨をご連絡します。小社は、データが不合格だった場合、データの修正のご依頼、または契約の解除をするものができるとします。

審査不合格の原因が「b」に該当する場合、その事由について、小社は開示する義務を負わないものとします。また、審査不合格だったことによってユーザーに損害が生じたり、ユーザーが第三者によって損害賠償を請求されたりしても、いずれについても、小社は一切の責(2次的損害も含む)を負わないものとします。

前項「a」にもかかわらず、この審査は、文字校正・色校正ではなく、ましてやデザイン上の整合性・問題等をチェックするものでもありません。この審査は、あくまで印刷機での印刷実行にデータ上の支障がないかをチェックをするものです。審査合格後の印刷物に、ユーザーが作成したデータ通りに誤字・脱字・デザイン間違い・ミス等が存在していても、小社は一切の責を負いません。

前項「b」にもかかわらず、この審査に合格したことは、その後、納品した印刷物に法令上の問題が起きないことや、第三者によって損害賠償等を請求されたりしないことを保証しません。小社は、「知的財産権違反」・「公序良俗違反」等の各種法令違反を発見・処分する義務を負うものではありません。審査合格後に、納品印刷物に対して、ユーザーに生じた一切の損害賠償(2次的損害も含む)については、小社は一切の責任を負いません。

「アップロード入稿データの審査(チェック)」の結果、小社からユーザーに対して、「質問・確認」や「データ修正依頼」があった場合、「質問内容の確認後」・「データ修正終了後」に、改めてデータは入稿されたものとして、商品発送日はその時点を起点として再計算するものとします。万が一「確認・質問」や「データ修正依頼」のやりとりが複数回発生した場合も、そのたびに同様の扱いとします。「質問・確認」が発生した場合、ご返答待機のために印刷作業が停止し、発送日が遅延することがありますが、そのことに対する、補償は一切ありません。ただし、小社基準において、ソフトのバグに起因するデータ修正依頼と小社が判断した場合は、一定の補償があります。詳しくは、第十九条「ソフトのバグに起因するデータ修正依頼について」をご参照願います。

第十八条 PDFデータどおりに印刷

編集ソフトbookumaは、モニター・印刷データのPDFに画像・文字の編集内容を正確に反映すべく対策をとっています。それにもかかわらず、ユーザーの意図した操作がソフトの仕様上の制限やバグ等によって、モニターやPDFに正確に実行されなかったり、意図した実行内容と結果に齟齬が出る可能性があります。特に、「ご利用推奨環境」「データ作成注意事項」に反する使用方法・特殊なパソコン・モニター環境・未知のバグ等によっては、「作業画面モニターにおける画像・文字」と「bookumaで作成するPDFで表示される画像・文字」の表現・位置に微差・違いがでる可能性があります。

しかし、小社は、上記現象に対して、損害賠償等の補償(2次的損害も含む)をすることは一切ありません。

本サービスが、ユーザーに保証するのは、あくまでbookumaの「印刷」機能で作成したPDFデータが基準です。小社は、PDFデータの画像・文字通りに、ご注文した印刷物が印刷されることは保証します(印刷工程処理におけるごく軽微な誤差は除く)。必ずPDFを作成・印刷して、文字校正と同時に、念のためですが画像・文字位置・文字の表示等に問題がないかの確認も行ってください。※なお「印刷」で作成するPDFでは、データ保護のため、「DATA PROTECT表示」があり、画像解像度が100dpi程度に下がっています。しかし、アップロード時の注文用印刷データでは、「DATA PROTECT表示」は除去され、画像は高画質300dpiで印刷されます。

※pngの背景透過画像を使用するお客様へ。お手元のプリンターによっては、印刷を行うと、png画像周囲の背景色の色が薄く変わる場合があります。これは、PDFの透明効果非対応のプリンターでは正しく印刷できないためです。PDFの画面表示が正常なら、通常本現象は、本番用の印刷機では、回避されます。ただしpng画像の作成方法などが特殊だった場合は、データ修正が必要となる可能性が若干あります。そのような場合、当方よりご連絡の上、お客様にはデータを修正いただきますので、発送日が遅れる場合があります。

※小社が動作確認・動作保証をしていない「使用できないフォント」については、動作・文字位置精度等を含め、一切の使用保証をしていないのでご注意願います(PDF・印刷において、文字位置が大きくずれたり、太字・斜体フォントがモニター上で正しく表示されなかったりする可能性があります)。本サービスご利用前には、「使用できるフォント」と「使用できないフォント」を必ずご確認ください。

第十九条 ソフトのバグに起因するデータ修正依頼について

    ユーザーの印刷・製本のご注文後に、印刷所の印刷工程に進んでから「PDFデータどおりに印刷」が行えないとき、小社からユーザーにデータ修正依頼を行います。その場合、その原因がソフトに起因して、かつ以下の免責に該当しない場合、「配送・返品」内の「発送遅延等の補償・対応について」規定通りの対応とすることとします。以下の免責に該当する場合は、それに伴う発送遅延による一切の補償(2次的損害も含め)はありません。

     

    《免責の場合》

    a.注文後、翌営業日以内に、データ修正の必要をお伝えした場合

    b.「データ作成注意事項・ご利用推奨環境・ご利用規約」記載事項を原因とする場合

    c.印刷工程におけるデータの修正原因がソフトのバグに起因しないと小社基準で判断した場合

    d.当方からお客様に複数回のデータ修正依頼が発生しても、原因がa~cの場合、免責となります。

    e.小社が保証するのはあくまでPDF通りの印刷です(第十八条)。ソフトのバグが潜在している場合でも、PDFデータとして問題がなく、印刷可能な場合は、印刷は行われ、データ修正依頼も発生しません。もし結果としてモニター表示と齟齬があった場合などでも、補償は一切ありません。PDFでの校正を念入りに行ってください

    f.いかなる場合も、お支払い済み商品代金を超える補償は、一切いたしません(2次的損害含め)

    g.ブックマでデザイン作業中のバグ動作は、一切補償対象外です。

     

    免責事項に該当する理由でデータ修正をご依頼した場合は、ご注文キャンセルはできず、発送日が再計算されることによる発送遅延に対する補償は、2次的損害も含め一切ありません。

第二十条 画像・注文データの取り扱い

  • bookumaのデザイン作業中・データアップロード中などに、画像データ・テキストデータ・デザインデータは、予期せぬシステム障害によって紛失する可能性があります。ユーザーは、本サービスを利用する場合、必ず予備として全ての種類のデータをバックアップし、保管してください。
  • ユーザーがご注文を行うと、印刷・データ検証のため、新規に作成した印刷用のPDFデータと、現在作成中のブックファイルデータ並びにブックファイル内の使用画像を弊社サーバにアップロードするものとします。アップロードしたデータを、小社は増刷等のため一定期間保管しています。保管中のデータの扱いには、十分注意を払っていますが、それにもかかわらず、それはアップロードデータの完璧な保存を、お約束・保証するものではありません。天災・事故・故障等により、小社は、保管中のデータを消失する可能性があります。その場合でも、小社は、ユーザーに対して一切の保証をいたしません。増刷・再注文をご希望のユーザーは、必ずバックアップデータを保管してください。なお、一定期間を過ぎた後、データは、確実に消去しています。
  • ユーザーが本サービス利用中に、「画像データ」・「テキストデータ」・「アップロードした注文データ」を含めたいかなるデータの消失があったとしても、弊社はその責のあるなしを問わず、それらについて一切の補償をしません。

第二十一条 ユーザーの設備

本サービスの利用をする前に、「ご利用推奨環境」をご覧ください。本サービスが推奨しない利用環境の場合、本サービスが利用できない、または、本サービスの利用に際し障害が発生する場合があります。ユーザーは、本サービスを利用する場合、自身の責により「OS」・「通信環境」等を準備および設置してください。

第二十二条 本サービスの変更・中断について

小社は、本サービスの運営に伴い様々な変更をすることがあります。ユーザーは、小社がユーザーへの同意なしに「本サービスの変更・中断・停止」・「利用規約の変更」・「商品仕様の変更」・「価格の変更」等を行うことに合意します。また、本サービスは、保守点検・天災・故障等の事態が発生した場合、「サービスの中断・一時停止」を行う場合がありますが、そのことによりユーザーが不利益をこうむった場合でも、本サービスはいかなる責も負いません。

なお、「本サービスの終了」のような重大事項の発生につきましては、その変更が起きる一ヶ月前に、本サービス上に告知するものとし、その他の変更についても、必要に応じ極力速やかに本サービス上でお伝えするものとします。

第二十三条 セキュリティの限界

本サービスは、「SSL」・「配送は戸口での手渡しのみ」など、さまざまなセキュリティ対策を施し、心がけていますが、残念ながらセキュリティ対策には自ずと限界があります。ユーザーは、本サービスが「ユーザーのプライバシーや秘密」を完全に保つことを保証できないことを了解し、本サービスを利用するものとします。

第二十四条 免責および損害賠償の範囲

  • 本サービスは、ユーザーの通信環境・ソフトウエア環境・モニター環境等の機器設備により、正確にデータの表示がされない、印刷が行えない、データをアップロードできない等、本サービスのすべてまたは一部の利用ができない場合がありますが、小社はこれによる責を一切負いません。
  • 小社は、ユーザーが本サービスを利用したことによって生じたいかなる損害・不利益に対しても責任を負いません。また、ユーザーが本サービスを利用できなかったことによって生じた損害・不利益に対しても、同様に責を負わないこととします。
  • ユーザーが本サービスを利用したこと、利用できなかったことによって、逸失利益・特別の事情から生じた損害・データ等の損害・第三者からの損害賠償請求等が発生しても、小社はかかる2次的な損害賠償には一切責任を負いません。
  • 小社が、本利用規約または法令により、ユーザーに対し「損害賠償責任」を負う場合でも、小社がユーザーに対し負担する損害賠償額は、ユーザーが小社に支払った商品代金の合計金額を超えないものとします。

第二十五条 公的機関への情報提供

本サービスの利用にあたり、ユーザーが、第七条・第八条あるいはその他法令に、違反または違反している疑いがある場合、小社は、その記録物あるいは複製等を、裁判所・警察署および関係機関に提出することがあります。ユーザーは、そのような小社の行為を認めるものとします。公的機関への情報提供により、第三者よりクレーム・損害賠償請求等を受けたときは、その責はユーザーが負うものとします。

第二十六条 管轄裁判所

本サービスに関し、ユーザーとの間に係争が発生した場合は、両者共に誠意を持って協議することとしますが、協議によっても解決しない場合は、東京地方裁判所を管轄裁判所とします。

第二十七条 本サービスの帰属

本サービスを構成する、プログラム・ソフトウエア・ブックデザイン・サービス・手続き・商標・商号および付帯する技術全般は、株式会社エルム・パブリッシングまたはそれぞれの権利者に帰属するものとします。

ご利用規約