「トンボ」と「注意領域」で断裁リスクを確認する

ページ外周に画像や文字を配置すると、予想外にそれらが断裁されてしまったり、ページ外周に意図せざる余白(塗り足し不足)が表示されたりすることがあります。そのようなデザインミスが発生しないように、下記の「トンボ」・「注意領域」機能にて、作成デザインに問題がないかをご確認願います。

 

 

トンボで、通常の断裁位置を確認する

 

DTPソフトbookumaのトンボを表示1

 

❶トンボが表示されていない場合、「トンボを表示」にチェックを入れる

 

 

DTPソフトbookumaのトンボを表示2

 

❷「トンボ」が表示された。以下の断裁リスクを確認する。

 

 

Ⓐ画像・文字が確実に切れる「コーナートンボ(内)」を確認

製本時、通常は「コーナートンボ(内)Ⓐ」でページ周囲は断裁されます。「コーナートンボ(内)Ⓐ」よりページ外側にある画像・テキストなどは、確実に断裁されます。「画像の重要な要素」や「テキスト」は、内トンボより念のため5mm以上内側に配置してください。

 

 

Ⓑページ外周によぶんな余白が残る(塗り足し不足)

製本時、画像やデザインパーツが「コーナートンボ(外)Ⓑ」に接していない場合、製本時に「コーナートンボ(内)Ⓐ」で断裁が行われると、ページ外周に余分な余白が残ります。この現象を「塗り足し不足」といいます。ⒶとⒷ間のページ外周3mm を「塗り足し」といい、「塗り足し不足」とは、「コーナートンボ(外)Ⓑ」に画像などが接していない状態をいいます。「塗り足し」は、印刷・製本時に切り落とす「余分なスペース」で、通常印刷物には残りませんが、印刷工程に必要なスペースです。塗り足し不足の具体例は、以下を参照ください。

 

コーナートンボ(外)の説明 塗り足し不足

❶作業画面において、「コーナートンボ(外)Ⓑ」に接しない位置に画像を配置する。

 

ページ外周の塗り足し不足の説明画像2

❷製本断裁時に、上の画像のようにページ外周に「意図せざる紙の余白」が出る。

 

 

■製本時の断裁は、通常「コーナートンボ(内)」の位置で行われます。しかし誤差などによって、「コーナートンボ(内)とコーナートンボ(外)」の間(「塗り足し」)で断裁が行われることがあります。そのため、画像やデザインパーツをページ外周に配置する場合は、「コーナートンボ(外)Ⓑ」に接するように配置を行ってください。

 

■最終的な断裁リスク確認は、印刷機能で「トンボ」を設定した校正用紙の「コーナートンボ(内)」位置を断裁して行ってください。

 

 

 

注意領域で、テキスト等の断裁リスクを確認する

DTPソフトbookumaの注意領域

 

❶「注意領域」が非表示のときは、「注意領域を表示」にチェックを入れる

 

❷ページ外周に斜線の「注意領域」が表示される。

 

 

「注意領域」でも、画像やテキストが断裁されるリスクが若干あります。画像やデザインパーツは、上述の「塗り足し」不足を避けるために、「コーナートンボ(外)Ⓑ」に接するようにオブジェクトを配置する必要がありますが、テキストは、常にトンボ(塗り足し部分)や注意領域より内側に配置してください。

関連する記事一覧

本の作り方(ブックマ操作ガイド)

最新エントリー

プロ並みの本が作れる編集ソフト Download

BOOKUMA無料ダウンロード

SSL 証明書。本サイトはプライバシー保護の規定を遵守して、お客様の個人情報をお取り扱いしています。