「使用できるフォント」と「使用できないフォント」

使用できるフォントと使用できないフォントの説明

 

❶安心して使用できるフォント(チェックマークあり)

「フォント名」の前に、チェックマーク(上記画像の青い枠線内)があるフォントは「動作確認済みフォント」です。安心してご使用できます。

 

 

●Windows7、8.1標準搭載フォントが「チェックマークつき」(ただし、一部フォントは除外。詳しくは、Windows標準系フォントの対応状況)

●「フォントの種類」に表示されるのは、True Typeフォント・True TypeベースのOpen Typeフォント

●定番欧文500フォント収録の『TrueTypeフォントパーフェクトコレクション 』(インプレスジャパン)掲載フォントは95%以上、「チェックマークつき」。(同書には人気のFurutaなどが掲載)。詳細は、『TrueTypeフォントパーフェクトコレクション』500フォントへ。(なお、小社は、販売元出版社とは無関係です)。

●「チェックマークつきフォント」をのみを使用する場合、以下項目は、原則不要です。

 

 

❷注意が必要なフォント(チェックマークなし)

「フォント名」の前に、チェックマークがないフォント(上記画像の赤い枠線内)は非検証フォントです。ご使用の際、下記の点に注意が必要です。

 

●「印刷」のPDFで、「文字位置のずれ」がないか

●「印刷」のPDFで、「文字の欠落・変形」がないか

●作業画面モニターで「太字」・「細字」・「斜体」等が正しく表示されているか

●フォントファイルをご提供いただく場合があります

●「チェックマークなしフォント」が原因でデータ修正が必要になった場合、修正作業による発送遅延等については一切補償しません(2次的損害含む)。

 

●「チェックマークなしフォント」で保証していること

お手元で行った「印刷」のPDFどおりに、「ご注文時の印刷」を行うこと(※ご注文した本にPDFと同様の瑕疵があっても、2次的損害を含め、一切補償できません。)。

 

 

❸使用できないフォント

●OpenTypeフォント・PostScriptフォント

●日本語プロポーショナル系フォント「MS Pゴシック」・「MS P明朝」・「HGS系」。

●スタンプ文字・絵文字などのシンボル系フォント

●ダイナフォント(PDFへの対応を保証していないため)

●ライセンス上「PDFへの埋め込み」を禁止しているフォント

●ブックマのフォント名に表示されないフォント(ブラックリスト対象)

関連する記事一覧

本の作り方(ブックマ操作ガイド)

最新エントリー

プロ並みの本が作れる編集ソフト Download

BOOKUMA無料ダウンロード

SSL 証明書。本サイトはプライバシー保護の規定を遵守して、お客様の個人情報をお取り扱いしています。