グリッド表示(テキストボックスの入力可能文字数がわかる)

テキストボックス選択時に、「グリッド表示」にチェックを入れると、「書式初期設定」通りに文字入力した場合の、入力可能文字数が分かります(入力済み文字数を数える「文字数カウント」とは異なります)。

 

DTPソフトbookumaの文字グリッド表示1

 

❶テキストボックスを1クリック選択、またはダブルクリック選択(上の画像はダブルクリック選択中)

 

DTPソフトbookumaの文字グリッド表示2

 

❷テキストタブの右上「グリッド表示」にチェックを入れる。「書式初期設定」どおりの文字グリッドが表示される。

 

 

■文字グリッドの表示を解除したい場合は、「グリッド表示」のチェックを外す。

■ショートカットキー「Ctrl+B」を一度押すと表示、もう一度押すと非表示。

■文字グリッド表示に反映されるのは、「文字サイズ」・「行送り」・「トラッキング(字送り)」。テキストに「文字ツメ」・「カーニング」・「空き量」を設定した場合、文字グリッドの表示文字数と、実際に入力される文字数は異なる。

■文字をドラッグ選択したり、全選択をして、「文字サイズ」・「行送り」・「トラッキング(字送り)」を変更した場合、「書式初期設定」での文字入力ではなくなるので、文字グリッドの表示文字数と、実際の入力文字数が異なる。

■「行の揃え」(「右揃え・下揃え」など)を変更しても、文字グリッドの表示位置は、変わりません。

 

「印刷」でも「文字グリッド」は、設定可能です。詳しくは、印刷用PDFに「文字グリッド」を表示するへ。執筆を依頼する場合に便利な機能です。

 

関連する記事一覧

本の作り方(ブックマ操作ガイド)

最新エントリー

プロ並みの本が作れる編集ソフト Download

BOOKUMA無料ダウンロード

SSL 証明書。本サイトはプライバシー保護の規定を遵守して、お客様の個人情報をお取り扱いしています。