ページ端の、文字や写真が、製本で切れてしまった

ブックマのデザインテンプレート(ページ)では、ページ外周に「塗り足し」と呼ぶスペースを設けています。この「塗り足し」は、印刷時に、裁ち落とし線(トンボ)を目安として断裁されます。そのため、あまりにテンプレート(ページ)の外周に隣接しすぎている写真要素・文字要素は、製本時に裁ち落とされ、切り落とされてしまうリスクがあります。

 

特に、「フリーペーパー」・「カタログ」・「パンフレット」・「ミニブック」等の中綴じ製本の本は、製本の工程上、この裁ち落とし線から、さらに内側が断裁される可能性がありますので、ご注意ください。

 

「裁ち落としリスク」を避ける詳細方法については、こちら「塗り足し、裁ち落とし線(トンボ)の確認」をご覧ください。

 

ちなみに、ブックマのテンプレートのテキストボックス内の文字は、テキストボックス内にあるかぎり、裁ち落としをされないように、余裕を持って内側に配置されています。ご安心ください。

 

関連する記事一覧

本の作り方(ブックマ操作ガイド)

最新エントリー

プロ並みの本が作れる編集ソフト Download

BOOKUMA無料ダウンロード

SSL 証明書。本サイトはプライバシー保護の規定を遵守して、お客様の個人情報をお取り扱いしています。